スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今日までそして明日から

年が明けて、きっと送ってくれるだろうと予想していた三人から年賀状が届いた。
ただ、私のほうは「あの人は引越しで住所変わったんじゃなかったかなー」という不安もあったので、届いてから住所を確認して送り返す方式で待機していた。もちろん、1日の午前中には私からも送ったので心配無く。


友人二人と小学校時代の恩師。
友人の一人は第二子が誕生予定で、もう一人は家を建てると書いてあった。恩師は定年を前に早期退職して慈善活動をしているらしい。疎遠になったわけではないけど定期的な連絡はしていないから、年賀状によって一年分のアップデートが一気に行われ、自分自身の昨年をより否定的に省みてしまう。

私の2015年は春に様々な雑音に嫌気がさして、それらから離れることはできたものの、夏頃にはその雑音によって埋め合わせていた心の隙間の存在に耐えられなくなり、そこから生まれる焦燥感と向き合うくらいなら何もしないほうがいいと、ただじっと時間が過ぎるのを待っていた。秋の終わりにどうにかシナリオを書いてコンテストに応募できたことは唯一の救いだった。
焦燥感と向き合うことへの恐怖と、それと向き合わなかったことへの諦観から、励ましよりも慰めを求め、「きっと自分は十年後もこのままなのだろう」という想いを数千倍に膨らませたら人は人を殴りたくなるのだろうという経験をした瞬間もあった。


その中で年末に「クリード チャンプを継ぐ男」の予習として、まだ見たことのなかった「ロッキー ザ・ファイナル」を見た。



「ザ・ファイナル」でのロッキーは妻エイドリアンを亡くし、小さなレストランのオーナーとして客に昔話を繰り返すだけの日常を過ごしていた。しかし、生活の安定はあってもエイドリアンへの喪失感は計り知れず、ボクシングしか知らず、ボクシングしか語らず、ボクシングしか信じなかったがゆえにロッキーは戦うことに救いを求め、心の隙間を埋めようとする。同時に、人生に行き詰まりを感じている周囲の人々へ「生きていれば辛いことはいくらでもある。だが諦めず何度でも立ち上がれ。人生ほど重いパンチはない」と語りかける。自分が信じたものがやるべきことならば、やるべきなのだと。
そしてロッキーは現役の世界王者とのエキシビションマッチに挑む。義兄であり親友のポーリーは「溜め込んできたものをすべて吐きだせ。そして今夜ですべてを燃やし尽くせ」と送り出し、もう肉体が限界を迎え勝機は少なくとも本気で勝利を目指す。その姿に観客は熱狂し、意識朦朧とする中でエイドリアンや師匠ミッキーの姿を見たロッキーもまた、何度でも立ち上がり続ける。やがてフルラウンドを戦いきったロッキーは判定結果が発表される前にリングを降りる。試合の勝敗ではなく、最後まで戦い抜いたことこそが誇るべきことであり、かつてエイドリアンを呼び込んだあの瞬間の代わりに、ロッキーによって救われた人々が今度は倒れこむロッキーを支える。
かつてのロッキーは自分自身のために戦い、我々はその戦いを見届けることでランニングする背中を追った少年たちと同じ世界を見た。けれど、「ザ・ファイナル」でロッキーは初めて“俺たちのために”戦ってくれた。たとえ結末に敗北があったとしてもその敗北はけっして「諦め」などではなく、最後まで戦い抜くことが「立ち向かう」ということなのだと。

わずかな日光と湿気を頼りに石の裏側に生える苔のように、誰の目にもつかずひっそりと生きていきたいと思っていた私は泣いた。
ことあるごとに「諦観」「慰め」という言葉が頭を支配するけれど、私は助かりたかったのだ。助けてほしかったのだ。他人に現状の自分をさらけ出すことへの恐怖、他人に現状の自分を暴かれることへの嫌悪、それらを覆い隠すための「そんな身分にないですから」という自己否定。逃げなければ死んでしまう状況は確実にある。しかし、敗北と諦めを混同し、それらを受けいれないために何もしないことを選択してきた自分にロッキーはとてつもないパンチを打ち込んできた。

お前は今、戦っているか?
お前は最後まで戦ったか?
お前は自分が信じたものを信じているか?

数年前の私なら自分のことは信じられなくとも、自分が信じたものを信じることで何かと戦えていたのだと思う。でも2015年の私は何もせずじっと時間が過ぎていくのを待ち続けたことで、自分が信じたものを信じられなくなり、信じていた映画も、信じていた格闘技も、信じていた正義のヒーローも、信じていた友人も、信じていた恩師も、すべて自分の内側から消し去ってしまい忘れてしまったのだと思う。
おそらく私を支配する焦燥感の正体は二つある。一つは現状に対する不安。もう一つは自分には何も残されていないのではないかという不安。この二つが重なりあった時に私は途方もない喪失感と虚無感を抱いてしまい、他者の記憶に踏み込まないほどひっそりと生活し「死ぬつもりはないけども早く死なないだろうか」という願望と隣り合わせで生きていく自分を想像していた。
けれど、自分には何も残されていないのではないかという不安の原因は、結局のところ自分が信じていなかっただけなのだ。信じられなくなったのではなく、単に信じることを忘れてしまったから自分の記憶から消えてしまっただけなのだ。信ずべきものはすでに私の内側にも外側にも、時間をかけて収集してきた。それらは今でも私を気にかけ、私に信じられるのを待ってくれている。


私の2016年は、かつて自分が信じていたものを、もう一度信じることから始まる。
そして、自分の信じられるものを可能な限り増やしていくことが今年の目標になる。

2016年1月2日。まず何から信じてみようか。
 
スポンサーサイト
【2016/01/02 13:48】 | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Yahoo! BBのレンタルモデムがぶっ壊れて交換したら不具合があって再交換となった話
 
今月初めにYahoo! BBのレンタルモデムがぶっ壊れたためにネット不通となっていたけど、2度のモデム交換を経て約10日後に復活。
Yahoo! BBに連絡してレンタルモデムの交換手続きをした時には、経験者たちが書き残したブログ記事などをiPhoneで探しまくったから、私も書き残しておきたい。


今回の状況を簡単に説明すると

① レンタルモデムの「電源」以外のランプが点灯せず、有線・無線ともに死亡
    ↓
② http://ybb.softbank.jp/support/inquiry/adsl/#tab2 を基に自動受付に電話すると、自動受付では判断しかねる状態ということでオペレーターにつながる
    ↓
③ オペレーターによると前回の交換時期(故障ではなくYahoo! BBからの指示で交換)から推測して経年劣化による故障の可能性が高いということで交換することに
    ↓
④ 無線LANカードはそのまま使用してほしいとのことでレンタルモデムのみ交換するも、無線LANカードが認識されない
    ↓
⑤ 再びオペレーターに連絡し、無線LANカードだけではなく交換したレンタルモデムも含めすべて再交換することに
    ↓
⑥ 新しいレンタルモデムと無線LANカードが届き、故障から約10日後に復旧

という流れ。
基本的にオペレーターに連絡して状況を説明すれば簡単に交換に応じてくれた。

ただ、我家の場合は契約したのが10年前なので、無線LANカードはその時から使っているから、こちらも経年劣化での故障や新型モデムと相性が悪くても当然だったな。
その辺はオペレーターの配慮不足だったのか、再交換の時は日時指定や即日出荷をしてくれた。

しかし最終的に復旧したものの、その間には紆余曲折あったので、そこも詳しく説明していこう。
 
続きを読む
【2015/09/12 18:46】 | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人生で最も大切な日は、生まれた日と、生まれた意味を理解した日だ

昨日、17日は誕生日だった。
年齢とともに感慨深さは薄れていくけど、自分でも忘れてるくらいだったのにお母様は覚えていてくれて、夕飯にちょっと良いお肉を出してくれたけど年齢は間違ってた。


で、衝動的に何か買いたくなって「そういや誕生日じゃん!」という理由からバッグを注文。

fc2blog_20150518181959669.jpg

背負えば気分は完全にキャプテン・アメリカ!!
直径44cmと意外と大きくて中も大容量。しかし、どこにもマーベルのタグが無いからパチモノだと思う…。缶バッチもいかにもお手製プリントぽいし、値段も価格破壊の2000円…。

いや満足なんですけどね、本当はこれがほしかった。
http://www.thinkgeek.com/product/iiur/



誕生日には映画も見た。昨年の秋に劇場で見て以来となる「イコライザー」。
オープニングからして「人生で最も大切な日は、生まれた日と、生まれた意味を理解した日だ」というマーク・トウェインの言葉から始まり、誕生日にピッタリ?



劇場で見た時に書いた感想ではアクションがスゲーと絶賛していたけど
http://otakuismfire.blog67.fc2.com/blog-entry-978.html
あらためて見ると構成の妙に感動した。

時間を確認しながら見ていくと、最初の20分で主人公の生活や少女テリーとの出会いが描かれ、ちょうど20分のところで悪党が登場し同時にテリーが退場。さらに次の10分で主人公が悪党を処刑する展開となるので、実は「少女とオジサン」という基本設定が似ている「アジョシ」や「レオン」の内容は30分目で終了してしまっている。
次の30分では正義の象徴たる警察の腐敗が明らかになり、処刑された悪党の後ろにいた新たな悪党が登場。その次の15分で新たな悪党と主人公が出会い、お互いに戦いの予感を察知。上映時間2時間12分の半分を過ぎた1時間15分辺りで主人公はかつての仲間の元へ行き、悪党の情報を入手するとともに戦うことを決意する。

最初の少女の救済という要素を引き伸ばさず、その次に正義の失墜とそれにともなう主人公の正義感の暴走という展開を配置することで、新たな自警者の誕生を描くという面白さ。
悪と戦えるだけの能力はある。しかし相手が悪といえども殺人や暴力はそのものが悪であり、その世界に戻らないと亡き妻に誓った。それでも悪に蹂躙される力なき人々がいるのなら自分が戦わなければならない。最初に悪党を処刑した際の「すまない」という謝罪は悪党に対してではなくそれらの行いを否定した妻へのものだし、「自分が悪を処刑するために存在するのなら、悪は自分に処刑されるために存在している」という、ある意味で正義サイコパスのような価値観。だから悪を処刑する際には何も語らず、何も感じない。冷静かつ冷徹な立ち振舞とそこで見せる無表情がその象徴。

これは本当に研究すべき映画だなと思った。
 
【2015/05/18 18:23】 | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クレジットカードが不正利用された件

今月に入ってから私のクレジットカードが不正利用されたそうで、ちょっと色々あった。

結論から言うと、不正利用があったのは事実のようで、私に連絡が来る前にすでにカードは利用停止となり、確認後に現行カードは破棄され新しいものが作られることになった。


順に説明すると、
1:携帯に知らない電話番号から電話があったので無視

2:家の電話にも同じ電話番号でかかってきたので宅急便とかだろうと無視

3:たまたまメールを確認すると、楽天カードからセキュリティシステムが不正利用の可能性を発見したためカードの利用停止を行ったという通達があり、そこに記載されていた電話番号が先ほどの電話番号

4:慌てて電話すると、ヤマダ電機のウェブ通販で高額決済が行われていたそうで、本人が購入したものなのか確認される

5:私がヤマダ電機のウェブ通販を利用したのは過去に一回。しかしその商品は今月発売だったのでその関係かなと考え、受け答えが曖昧になる(1万5000円なのでそんなに高額決済とは言えないだろうけど…)

6:楽天側が新たに高額決済を発見し、不正利用だと判断。現行カードは破棄し、新しいカードの審査を行うことで決着

7:新しいカードを審査するために、最初のカードを作る際に申請した個人情報を口頭で再確認(「○○となっていますが、変更はございませんか?」といった感じ)

8:2日ほどで再審査の結果と新しいカードの送付がメールで通達される

9:1週間ほどで新しいカードが到着


といった流れ。

不正利用の詳細は分からないけども、こちらへ請求が来る前に利用停止にして迅速に対応してくれたのは頼もしかった。
調べてみると不正利用を受けた他の人たちも同じようにすぐに連絡が来ているようで、デリケートな問題だけにセキュリティはやはりしっかりしているよう。

残された問題は、私が高額フィギュアの購入を控えるべきだということだ…。
なぜ年末から立て続けに発売されるのだ…。もっと分散しろ!
 
【2015/02/12 15:08】 | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。