スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
TRUE DETECTIVE/二人の刑事
 
春に見た海外ドラマ「TRUE DETECTIVE(トゥルー・ディテクティブ)/二人の刑事」が最高に面白かった。

なにか評判を聞いたり調べたりしたわけではないんだけど、たまたま見たこのオープニング映像に直感的に感じるものがあり、ちょうどHuluで全話配信されていたので一気に見てしまった。



アメリカ・ルイジアナ州の田舎町で女性の変死体が発見され、州警察のハート刑事とラスト・コール刑事が事件を担当するが、悪魔崇拝を思わせる宗教的儀式によって殺害された猟奇殺人事件であり、捜査は難航。やがて2人は自分たちが見て見ぬふりをしてきた売春、麻薬、そして宗教という街の暗部を覗き込んでいくことになる。

というストーリーで、優秀な刑事であり良き家庭人でありながら不倫を繰り返すハート刑事をウッディ・ハレルソン、真面目すぎることを揶揄されるほどに堅物で他人を寄せ付けないラスト・コール刑事をマシュー・マコノヒーという、真人間から悪役、変人までこなす超演技派の親父俳優が演じる。


このドラマの面白さは、骨太な刑事ドラマとともに、女性関係によってハートとラスト・コールが破滅していくノワール調の人間ドラマが展開されていくところにもある。
事件が発生したのは1995年でありながら、17年後の2012年にすでに刑事を退職した2人が再び警察へ協力する形で当時の捜査内容を説明する回想によってストーリーは語られていく。事件の結末もさることながら、パートナーであったはずの2人はなぜ刑事を退職し、決別したのか。そして、なぜ今になって当時の捜査内容を警察は求めているのか。
そこに2人だけが知る事件の顛末と隠され続けてきた秘密が重なりあうことで、ハードボイルドかつノワールな人間模様が浮かび上がってくる。


全8話の中編シリーズながら、第3話の最後の「夢と同じだ。最後にはモンスターが現れる」というセリフとともに現れる“モンスター”の存在、第4話での決死の潜入捜査、第5話での“モンスター”との対決は異様な盛り上がり。
ただ、その盛り上がり方が異様すぎて、第6話から最終話にかけてはちょっとしりつぼみに感じてしまったのも事実。正義や信念よりも“落とし前”をつけるための戦いが始まるのは熱かったけど。

出演者や設定も一新した第2シーズンの「TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス」もあるけど、そっちは国内外で面白くないと評判なので、まだ見てない。

しかし、HuluやNetflixは便利ねえ。
 
スポンサーサイト
【2016/08/13 16:49】 | 映画感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
携帯スーファミ

届いたことで思い出したくらいにはすっかり忘れてたけど、「Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコン エディション」を買った。


中身は普通のNew3DS LLなんだけど、外観のデザインをスーパーファミコンにするだけでこんなにもときめくとは…。
外箱まで同じように再現されてるし。


現状、私はPSN+で配信されるタイトルをPS3とPSvitaで遊んでるだけだから、この3DSもドラクエ11かバーチャルコンソールで大貝獣物語あたりが発売されるまでは待機だろう。

でもね、やっぱり「スーパーファミコン」は見逃せないのよ。
ファミコンでもゲームボーイでもプレイステーションでもセガサターンでもなく、スーパーファミコン。この愛情と記憶は遺伝子レベルで刻まれてるからね。


20年前の私に教えてあげたい。
未来の世界ではスーパーファミコンを携帯して持ち運べる上にカセットまで必要無くなるぞと。

【2016/08/04 21:05】 | オタク的日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。