FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
メトロポリス
 
考えすぎてドツボにハマるという状態が長く続いているから、自分の原点となったであろう作品を見直してみることにした。


metro



劇場で観て以来だから14年ぶりの鑑賞。
当時はさっぱり内容が理解できなかったけど、ここで描かれた人とロボットと自意識の関係性というものが理解できないなりにも魂には刻み込まれて今のこの思考になってるんだな。


今回の鑑賞でようやく分かったよ。主人公はケンイチであっても、主役はロックでありティマでありレッド公であるという、疑似家族としての歪な親子関係だ。
ケンイチは主人公としてストーリーを前に進めるために存在していても、主役ではないのでストーリーの中心部には存在していない。


ここでのロックは哀しい。ひたすらに哀しい。
戦争孤児としてレッド公に引き取られたものの「お父さん」と呼ぶことは拒絶され、その怒りを人間より下等な存在と規定したロボットに向け、それにともなう思想と価値観によってロボットの全廃を目指していく。そこに現れるは人造人間のティマ。レッド公はティマに幼少期に亡くなった娘の幻を見つつ彼女に世界征服の野望を託すが、ロックは自分はロボットではなく人間であると主張するティマを否定するために「人間であるなら親はどこにいる」と問いただす。ロボットは人間に劣る下等な存在という思想と価値観を貫きながら、レッド公が心酔するロボットのティマを否定するために用いた方法論で「親がいない=人間ではない」という関係性が成り立ち、戦争孤児であるロックは自身がティマと同列の存在であることを証明してしまった。そして最後は暴走したロボットたちの襲撃を受け、「お前たちにお父さんを殺させはしないぞ!」と自爆によってレッド公とともに死ぬ。

ロボットを否定し攻撃し続けることで自分の人としての価値がそれよりも上だと規定していたにも関わらず、ティマを否定するために彼女が自分と同じ存在価値でしかないと無意識のうちに証明して満足するというアイデンティティーの崩壊と矛盾。
さらにロックとティマの関係性を突き詰めていくと
◯レッド公の意思によって育てられた/作られた
◯息子/人間であると主張する
◯その主張をレッド公に否定される
◯ロボット/人類の滅亡を望む
など、目的こそ違えども行動や結果は同じという表裏一体の存在となっていて、レッド公の息子と娘という意味から兄妹として考えることもできる。
ゆえに人として生きることを望みながらロボットであり超人と呼ばれたティマの「ワタシハ…ダレ…?」という最後のセリフは、レッド公の息子として生きることを望みながら叶わなかったロックの代弁としても機能している。
そして個としての確立を出会ったすべての人間やロボットに託したティマは意思を共有したロボットたちとケンイチによって残骸や記憶が集められ語り継がれていくが、レッド公にのみそれを求めたロックはレッド公の死とともに終焉を迎えてしまう。
ジグラット崩壊シーンで使用されるレイ・チャールズの「愛さずにはいられない」も歌詞の内容は男性側の失恋の歌だけど、ケンイチからティマへの想いであると同時にロックからレッド公への想いにもなっているようにも思えるから、なお哀しい。


神になろうとした男=レッド公が世界征服のために娘の形を模した人造神=ティマを生み出すも、自身が都合の良い手駒として育てた義子=ロックによって否定された人造神が人類を滅ぼすことを決め、世界征服の象徴となるはずだった天に届かんとする塔=ジグラットは崩壊。父=レッド公は息子=ロックと娘=ティマによって殺される。
という神話的なストーリーだったのだな。
【2015/05/30 01:34】 | 映画感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<君よ、怒りでデス・ロードを渉れ! 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 | ホーム | 人生で最も大切な日は、生まれた日と、生まれた意味を理解した日だ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://otakuismfire.blog67.fc2.com/tb.php/1000-c78310cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。