FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
そして正義が始まる
 
「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」は面白かったけど、そこまで印象に残る作品ではなかったかなーというのが正直なところ。
なぜかというと、前作はヒーロー映画の集大成としての立ち位置が確立されていて内容もそれにそったものだったのに対し、今回はあくまで巨大な分岐点でしかなかったのだなと感じられてしまったから。
アベンジャーズ関連作で分岐点となったのは、世界情勢が激変した「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」と、世界観を一気に宇宙まで拡大させた「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」だけど、「エイジ・オブ・ウルトロン」もそれと同じで今後の作品への伏線と世界観の変化を描くために存在していたと思えてしまった。
もちろんSFアクション映画の金字塔としての完成度は揺るぎないし、2時間20分を飽きないで鑑賞できたけど、一撃必殺という意味では「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のほうが圧倒的だったな。


そうしているうちにDCコミックのほうが巻き返しを始めた。
まず、2013年に公開されたスーパーマンの映画「マン・オブ・スティール」の続編「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」


「マン・オブ・スティール」が公開された時にはスーパーマンが人命救助を行わず街を破壊しまくって戦ったことに批判が殺到したけど、すべてはこの続編のため。
実はスーパーマンとゾッド将軍の戦いで破壊された高層ビルはウェイン・エンタープライズのものであり、すでにバットマンを引退していたブルース・ウェインもそこに居合わせていたという衝撃的な事実が明かされる。さらにスーパーマン/クラーク・ケントが異星人であるということから追放運動も活発化し、やがて宿敵となる天才科学者レックス・ルーサーも暗躍。そしてバットマンの復活と、もう一人の超人であるワンダーウーマンの出現という大激震の内容。どうやらバットマンの相棒だったロビン(コミックと同じなら2代目のジェイソン・トッド?)がジョーカーに殺害されたという過去もあるようで、そちらの因縁も相当なよう。
ヒーローがヒーロー然としてヒーロー活動できないことを克明に描いたのが前作「マン・オブ・スティール」だったけど、”スーパーマンはそんなキャラじゃない”と言ったところで彼が異星人であり同じ惑星出身のゾッド将軍が地球侵略に来たのは事実だから、ここからどうなっていくのかが非常に楽しみ。救世主となることを願った生みの親ジョー・エルの祈り、この世界にはまだ早すぎると考えた育ての親ジョナサン・ケントの憂いの上に、自身の善意に従って行動しようとするスーパーマン/クラーク・ケントの意思と、彼を「侵略者」と「神」という両極端な思想で受け止めた大衆が存在し、それぞれの意思と思想を持ったバットマン、ワンダーウーマン、レックス・ルーサーが現れる。
これはもう現代の神話だね。


もう一つがDCコミックの悪役たちが特殊部隊として活躍する「スーサイド・スクワッド」


こちらの予告映像はイベントでの限定公開だったものの、盗撮映像が次々とネット上にアップされてしまったので怒りの公式配信となったのだとか。
スーパーマンが救世主か侵略者かと大議論されている横で、悪を倒すために悪の力を利用するという皮肉。そしてジャレッド・レト演じる新たなジョーカーの出現。ジャック・ニコルソンやヒース・レジャーのジョーカーは狂気の中にも不思議な紳士性があったのに対し、ジャレッド・レトのものは溢れ出しはみ出しまくったパンクな方向性。相棒であるハーレイ・クインをマーゴット・ロビーが演じ、ベン・アフレックのバットマンと戦うというのだからたまらない。


次のマーベル映画は「アントマン」で、来年春公開の「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」にもつながっていくと言われているけど、スーパーマンという絶対的な存在を使ってヒーローが生きる世界と時代を描こうとするDCコミックに対し、マーベルはキャプテン・アメリカを使ってどのような世界と時代を描くのか。期待が止まらない。

 
【2015/07/14 14:20】 | 映画感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<極みの夏。 | ホーム | 君よ、怒りでデス・ロードを渉れ! 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://otakuismfire.blog67.fc2.com/tb.php/1007-3c5afe75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。