FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
デンゼル・ワシントンはホームセンター勤務で静かに暮らしたい 「イコライザー」
 
「96時間」のリーアム・ニーソンをはじめ、60歳近くなってから本格的なアクション映画に出演するベテラン俳優が増えてきたけども、今回のデンゼル・ワシントンもその一人。
しかし、そこで描かれたのは悪党の処刑に秒単位の時間しか必要としない過去最強のオヤジ抹殺者だった。






ホームセンターの従業員として勤務態度は至って真面目で職場での信頼も厚く、警備員を目指す同僚のダイエットにも協力。私生活も常にストップウォッチで時間を計り、徹底した自己管理と規則正しい生活を心がけ、夜は行きつけの深夜営業の喫茶店で紅茶を飲みながら読書。こんな「いい人」を絵に描いたような主人公を演じるのがデンゼル・ワシントン。
ストーリーはその行きつけの喫茶店でロシアからやって来たクロエ・モレッツ演じる娼婦と出会うことから始まる。何気ない世間話から歌手になりたいという彼女の夢を応援するようになるも、娼婦としての運命からは逃れられず、悲劇的な結末を迎えてしまう。それを知った主人公は激しい怒りを見せるわけでも、自宅に隠し持っていた銃を取り出すわけでもない。ただ普段よりもさらに無言・無表情のまま娼婦たちの元締めのもとへ行き、「今から16秒でお前たち全員を殺す」と宣言する。


「レオン」や「アジョシ」のように薄幸な少女を無敵すぎるオヤジが救う話のようでいて実際にはそうでもなく、ヒロインと思われたクロエ・モレッツは割と早い段階で退場。以降はほぼ女性が登場しないまま主人公とロシアンマフィアとの戦いに発展していく。
主人公は血気盛んでもなければ悪を倒すと誓った自警者でもなく、異常な戦闘力を持つただの一般人。ゆえに自分から敵を作ることもないし、可能なら今まで通りに静かに暮らしたいと思っている。しかし、それと同時に「困っている人は助けなければ」という善意からの正義感が非常に強く、ことあるごとに悪党をぶちのめして自分とその周囲にいる人々(主に職場の同僚)の平和を守っていき、ロシアンマフィアとの戦いもその延長だったりする。それくらいに心身ともに余裕があり、アクションでの無敵具合にも反映されている。

予告では「19秒で~」と強調しているけど、劇中ではそんなことはなく単に最初の戦闘時間がそうだったというだけ。でも、周囲の状況から戦闘時間を逆算するということが異常なまでの戦闘力を持つことの象徴でもあり、むしろ戦闘開始前にすでに主人公の頭の中では誰をどの武器で処刑するかシミュレーションされているので、秒単位の時間しか必要としないアクションが展開される。
アクションの内容はとてもシンプル。銃やナイフなど殺傷力の高いアイテムは使わず、手近にある日用品の中から一番硬いものでぶん殴り、一番鋭利なもので突き刺す。ワインのコルク抜きやテーブルにあったフォーク、有刺鉄線にガラス片、最後は電子レンジ爆弾まで駆使して戦う。しかも戦闘前には普段以上に無言・無表情のまま相手を見つめるだけで何も言わない、まさに処刑人であり抹殺者。

「96時間」でのリーアム・ニーソンは誘拐された娘を追跡しているから超焦っているとはいえ、基本的に怒鳴りまくり、敵への尋問も殴る・蹴る・撃つ・銃を突きつけて脅迫ととにかく大暴れしていたけど、今回のデンゼル・ワシントンは「こいつは社会にとって不要な悪党だ。殺そう」と判断した瞬間に無言・無表情となって5~10秒後にはすでに相手は死んでいる。尋問の必要性が無いとはいえ、相手は死に様すら印象に残されることなく退場させられる。当然、断末魔や命乞いも無く、お馴染みの「主人公と対峙した悪役の自己正当化のセリフ」さえ言わないまま一瞬で殺される。
前半の戦闘ではおそらく主人公が極限まで集中力を高めることで時間の経過が遅くなり、敵の配置、敵の武器の照準、武器として利用できそうな日用品を確認する演出があるけど、中盤からはその演出が無くなる代わりにあっという間に敵を蹴散らしていき、終盤にはついに「敵が登場する前にすでに死んでいる」というアクション映画の見せ場である主人公が悪党を抹殺するシーンを全カットという異常事態。もはや歩くだけで人が死ぬ人間凶器。
また、主人公が悪を抹殺するために登場するシーンでは毎回のように重低音のテーマ曲が流れ、映像はスロー。その中を無言・無表情のデンゼル・ワシントンがゆっくり歩いて行くという、真似したくなるカッコよさ。その真価が発揮される終盤の石油タンカーの場面は今年の映画でも屈指の名場面。


クロエ・モレッツをヒロイン格に配置しながらも特に見せ場が用意されてなかったのは残念だけど、「娼婦を辞めようとして監禁されるも、デンゼル・ワシントンが怒りの奪還」というありがちな展開にしなかったのは、この作品にとっては良かったのかな。
主人公が自分から悪との戦いに飛び込まないがために被害者が出てからでしか動けないことに対する理由付けとそれを解除するロジックも、主人公の過去が垣間見られる部分と同時に描かれるから分かりやすいし。だからこそ主人公が勤務するホームセンターで行われる最後の戦いは、これまでより華麗で凶悪になっている。

「目で殺す」という表現があるけども、主人公に見つめられた悪党は死が確定するというよりも「死んだ状態の10秒前だからまだ生きている」くらいの扱いなので、デンゼル・ワシントンは「超強い人間」を超えて「無敵という概念を実体化した存在」になってしまった。
 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2014/10/28 01:28】 | 映画感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マイケル・ファスベンダーが変テコな被り物をして”自称 創作者”や”自称 コミュ障”の心を粉砕する 「FRANK -フランク-」 | ホーム | 偽りの英雄と呼ばれたけど筋肉があったから特に問題はなかったという昔話 「ヘラクレス」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://otakuismfire.blog67.fc2.com/tb.php/978-4a3729e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。