スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今日までそして明日から

年が明けて、きっと送ってくれるだろうと予想していた三人から年賀状が届いた。
ただ、私のほうは「あの人は引越しで住所変わったんじゃなかったかなー」という不安もあったので、届いてから住所を確認して送り返す方式で待機していた。もちろん、1日の午前中には私からも送ったので心配無く。


友人二人と小学校時代の恩師。
友人の一人は第二子が誕生予定で、もう一人は家を建てると書いてあった。恩師は定年を前に早期退職して慈善活動をしているらしい。疎遠になったわけではないけど定期的な連絡はしていないから、年賀状によって一年分のアップデートが一気に行われ、自分自身の昨年をより否定的に省みてしまう。

私の2015年は春に様々な雑音に嫌気がさして、それらから離れることはできたものの、夏頃にはその雑音によって埋め合わせていた心の隙間の存在に耐えられなくなり、そこから生まれる焦燥感と向き合うくらいなら何もしないほうがいいと、ただじっと時間が過ぎるのを待っていた。秋の終わりにどうにかシナリオを書いてコンテストに応募できたことは唯一の救いだった。
焦燥感と向き合うことへの恐怖と、それと向き合わなかったことへの諦観から、励ましよりも慰めを求め、「きっと自分は十年後もこのままなのだろう」という想いを数千倍に膨らませたら人は人を殴りたくなるのだろうという経験をした瞬間もあった。


その中で年末に「クリード チャンプを継ぐ男」の予習として、まだ見たことのなかった「ロッキー ザ・ファイナル」を見た。



「ザ・ファイナル」でのロッキーは妻エイドリアンを亡くし、小さなレストランのオーナーとして客に昔話を繰り返すだけの日常を過ごしていた。しかし、生活の安定はあってもエイドリアンへの喪失感は計り知れず、ボクシングしか知らず、ボクシングしか語らず、ボクシングしか信じなかったがゆえにロッキーは戦うことに救いを求め、心の隙間を埋めようとする。同時に、人生に行き詰まりを感じている周囲の人々へ「生きていれば辛いことはいくらでもある。だが諦めず何度でも立ち上がれ。人生ほど重いパンチはない」と語りかける。自分が信じたものがやるべきことならば、やるべきなのだと。
そしてロッキーは現役の世界王者とのエキシビションマッチに挑む。義兄であり親友のポーリーは「溜め込んできたものをすべて吐きだせ。そして今夜ですべてを燃やし尽くせ」と送り出し、もう肉体が限界を迎え勝機は少なくとも本気で勝利を目指す。その姿に観客は熱狂し、意識朦朧とする中でエイドリアンや師匠ミッキーの姿を見たロッキーもまた、何度でも立ち上がり続ける。やがてフルラウンドを戦いきったロッキーは判定結果が発表される前にリングを降りる。試合の勝敗ではなく、最後まで戦い抜いたことこそが誇るべきことであり、かつてエイドリアンを呼び込んだあの瞬間の代わりに、ロッキーによって救われた人々が今度は倒れこむロッキーを支える。
かつてのロッキーは自分自身のために戦い、我々はその戦いを見届けることでランニングする背中を追った少年たちと同じ世界を見た。けれど、「ザ・ファイナル」でロッキーは初めて“俺たちのために”戦ってくれた。たとえ結末に敗北があったとしてもその敗北はけっして「諦め」などではなく、最後まで戦い抜くことが「立ち向かう」ということなのだと。

わずかな日光と湿気を頼りに石の裏側に生える苔のように、誰の目にもつかずひっそりと生きていきたいと思っていた私は泣いた。
ことあるごとに「諦観」「慰め」という言葉が頭を支配するけれど、私は助かりたかったのだ。助けてほしかったのだ。他人に現状の自分をさらけ出すことへの恐怖、他人に現状の自分を暴かれることへの嫌悪、それらを覆い隠すための「そんな身分にないですから」という自己否定。逃げなければ死んでしまう状況は確実にある。しかし、敗北と諦めを混同し、それらを受けいれないために何もしないことを選択してきた自分にロッキーはとてつもないパンチを打ち込んできた。

お前は今、戦っているか?
お前は最後まで戦ったか?
お前は自分が信じたものを信じているか?

数年前の私なら自分のことは信じられなくとも、自分が信じたものを信じることで何かと戦えていたのだと思う。でも2015年の私は何もせずじっと時間が過ぎていくのを待ち続けたことで、自分が信じたものを信じられなくなり、信じていた映画も、信じていた格闘技も、信じていた正義のヒーローも、信じていた友人も、信じていた恩師も、すべて自分の内側から消し去ってしまい忘れてしまったのだと思う。
おそらく私を支配する焦燥感の正体は二つある。一つは現状に対する不安。もう一つは自分には何も残されていないのではないかという不安。この二つが重なりあった時に私は途方もない喪失感と虚無感を抱いてしまい、他者の記憶に踏み込まないほどひっそりと生活し「死ぬつもりはないけども早く死なないだろうか」という願望と隣り合わせで生きていく自分を想像していた。
けれど、自分には何も残されていないのではないかという不安の原因は、結局のところ自分が信じていなかっただけなのだ。信じられなくなったのではなく、単に信じることを忘れてしまったから自分の記憶から消えてしまっただけなのだ。信ずべきものはすでに私の内側にも外側にも、時間をかけて収集してきた。それらは今でも私を気にかけ、私に信じられるのを待ってくれている。


私の2016年は、かつて自分が信じていたものを、もう一度信じることから始まる。
そして、自分の信じられるものを可能な限り増やしていくことが今年の目標になる。

2016年1月2日。まず何から信じてみようか。
 
【2016/01/02 13:48】 | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「70億人に1人くらい存在しても不思議ではない」に秘められた可能性
「キャプテン・アメリカ」シリーズの第3作「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」の予告映像が公開された!!



コミックでのシビルウォーの内容を簡単にまとめると、
「若手ヒーローチームの失態により、数百人規模の一般市民が犠牲となる事故が発生。これにより世論は超人類の法的抑制を求める方向に加速し、これまでヒーローとして活動してきた超人さえも一般市民から暴行を受ける事態にまで発展する。
そこで素顔と本名を公開することと引き換えにアメリカ政府に認可された公的なヒーローとして活動できる超人登録法が発案されるも、アベンジャーズを始めとするヒーローだけではなく悪党超人までも巻き込んだ対立が生まれ、アイアンマンを中心とする推進派とキャプテン・アメリカを中心とする否定派に二分されてしまう。そして、ついに超人たちによる内戦(シビルウォー)が勃発する」
というもの。


ただ、予行映像を見れば分かるように映画版はかなり内容を変えてきているみたい(前作の「ウィンターソルジャー」がすでにそうだったけど)。
どうやら映画版では、若手ヒーローチームではなくキャプテン・アメリカ自身が市民に多大な犠牲を出してしまう状況を生み出してしまい、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」での内容も含めて、超人登録法ではなくアベンジャーズの責任を明確にして法的に拘束する展開になるらしい。

そこで登場するのがウィリアム・ハート演じるアメリカ軍のロス将軍。「インクレディブル・ハルク」以来、実に8年ぶりの再登場。

超人類という存在に懐疑的で否定的なロス将軍
cw01

「エイジ・オブ・ウルトロン」で壊滅したソコビアの名前を与えられた“ソコビア協定”!?
cw02


アイアンマンが推進派でキャプテン・アメリカが否定派という関係性は変わらないようだけど、トニー・スタークはウルトロンを開発してしまったという自責があるからそれも仕方ないだろう。

その上で二人の対立を深める原因がウィンターソルジャーことバッキー・バーンズという噂。
バッキーが指名手配されていることに加え、事故死とされていたトニー・スタークの両親の死の真相が実はウィンターソルジャーによる暗殺だったのではないかという疑惑により、親友である彼を守ろうとするキャプテン・アメリカと、両親の仇である可能性を見出してしまったアイアンマンの戦い。
キャプテン・アメリカ「許してくれ、トニー。彼は僕の親友なんだ」
アイアンマン「私たちもそうだった」
これは悲しいね。

キャプテン・アメリカ&ウィンターソルジャー vs アイアンマン!!
cw04

アイアンマンのアークリアクターをつかむウィンターソルジャー!!
cw03

もう一人の親友 ウォーマシンことローディが大変なことに!?
(コミックではゴライアスという巨大化能力を持つヒーローが戦死しているが、はたして…)
cw08


そして、ウィンターソルジャー追跡のために参戦すると言われているキャラクターがもう一人。
それが初登場となる新ヒーロー「ブラックパンサー」!

ヤヴァイ!
cw05

超カッコイイ!!
cw07


ブラックパンサーの正体はアフリカのワカンダ王国の国王ティチャラで、超人的な身体能力、天才的な頭脳、善意と良識ある精神、キャプテン・アメリカの盾の素材となった超金属ヴィブラニウム製の装備を持つという完全無欠なヒーロー。ただし、国王なのであまり自国から出られないという制約はあるけど。
ブラックパンサーもまた先代王である父ティチャカをウィンターソルジャーに暗殺された疑惑からこの戦いに介入すると噂されているけど、のちに宿敵となる悪役ユリシーズ・クロウが「エイジ・オブ・ウルトロン」にすでに登場していたので、その関連性も見逃せない。
また、コミックではヴィブラニウムは衝撃を吸収する特性があるだけで、キャプテン・アメリカの盾はヴィブラニウムと鉄との超合金なので破壊不可能な強度となったという設定なので、映画版のヴィブラニウムそのものやブラックパンサーの装備の設定は不明。でもカッコイイから無敵。超無敵。


私は実写作品における違和感のない超人描写は「生身で戦車と戦える」という基準にあると考えていて、そういった意味で前作「ウィンターソルジャー」からのキャプテン・アメリカの超人描写はかなり適切だと思っている。特にビルの高層階から地上に叩きつけられたり、爆風で吹っ飛ばされて走行中のバスに激突しても数秒後には立ち上がって全力疾走してしまう、「ケガして出血しているけど、これを生身で持ちこたえるなんてすげえ!」という“耐久力”の魅力。
そこから派生した「車より速く走れる脚力」も“逃走するウィンターソルジャーを追跡するブラックパンサーを追跡するキャプテン・アメリカ”という状況で見られるらしい。残像が見えるほどの速度では現実味が無いけど、車より速く走る速度なら「70億人に1人くらい存在しても不思議ではない」と思えてくる。
そう、この「70億人に1人くらい存在しても不思議ではない」という部分が重要で、飛行能力とか人類の根幹を超越したものではなく、人間としての基礎能力をある方向に特化させることで超人と呼ばれるようになることが、実写作品における超人描写のリアリティではないかと思う。

“全力疾走する姿がカッコイイ”って、アクション映画の死活問題よ
cw06


コミックではスパイダーマンが素顔と本名を公開して推進派に参加するという衝撃的な展開があるけど、映画版では超人そのものを対象とした法案ではないようだし(そもそも、ほとんどの人物が素顔も本名も公開して活動しているし)、やはり映画は映画でオリジナルの展開になるのだろうな。新しいスパイダーマン(と言いつつ本格的なスパイダーマンになる前の私服改造コスチューム版)が登場すると言われているけど。

監督のルッソ兄弟と脚本のクリストファー・マルクス&スティーヴン・マクフィーリーは次はアベンジャーズ第3作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と担当するそうなので、期待値はすでにヴィブラニウム並に頑丈!!
 
【2015/11/26 18:19】 | オタク的日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Yahoo! BBのレンタルモデムがぶっ壊れて交換したら不具合があって再交換となった話
 
今月初めにYahoo! BBのレンタルモデムがぶっ壊れたためにネット不通となっていたけど、2度のモデム交換を経て約10日後に復活。
Yahoo! BBに連絡してレンタルモデムの交換手続きをした時には、経験者たちが書き残したブログ記事などをiPhoneで探しまくったから、私も書き残しておきたい。


今回の状況を簡単に説明すると

① レンタルモデムの「電源」以外のランプが点灯せず、有線・無線ともに死亡
    ↓
② http://ybb.softbank.jp/support/inquiry/adsl/#tab2 を基に自動受付に電話すると、自動受付では判断しかねる状態ということでオペレーターにつながる
    ↓
③ オペレーターによると前回の交換時期(故障ではなくYahoo! BBからの指示で交換)から推測して経年劣化による故障の可能性が高いということで交換することに
    ↓
④ 無線LANカードはそのまま使用してほしいとのことでレンタルモデムのみ交換するも、無線LANカードが認識されない
    ↓
⑤ 再びオペレーターに連絡し、無線LANカードだけではなく交換したレンタルモデムも含めすべて再交換することに
    ↓
⑥ 新しいレンタルモデムと無線LANカードが届き、故障から約10日後に復旧

という流れ。
基本的にオペレーターに連絡して状況を説明すれば簡単に交換に応じてくれた。

ただ、我家の場合は契約したのが10年前なので、無線LANカードはその時から使っているから、こちらも経年劣化での故障や新型モデムと相性が悪くても当然だったな。
その辺はオペレーターの配慮不足だったのか、再交換の時は日時指定や即日出荷をしてくれた。

しかし最終的に復旧したものの、その間には紆余曲折あったので、そこも詳しく説明していこう。
 
続きを読む
【2015/09/12 18:46】 | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
超破壊暴力的ウルトラマンが怪獣を撲殺する!! 「進撃の巨人 前編」
 
実写化が決定した時点ですでに酷評され、公開されてもやっぱり酷評されている実写版「進撃の巨人」。
しかし一部からは賞賛の声もあり、実際に自分で見てみなければどれほどの作品なのかは分からない。
結果、私は超楽しめてしまったのだった。


 
記事前半はネタバレ無し、後半からネタバレ感想
 
続きを読む
【2015/08/05 17:49】 | 映画感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
顔が可愛くておっぱいが大きいだけじゃ許されないことだって世の中にはあるんだよ! 「ターミネーター:ジェニシス」
 
シリーズを重ねるごとに権利の問題だとか色々と複雑な事情を抱えたまま制作されてしまって、それに触れないようにするためなのかファンの期待とは別方向に進んでしまった「ターミネーター」シリーズ。
今回は権利の問題に関しては解決したようで、第1作と第2作を合体させたような完全リブート作となっていて、3や4よりは楽しめる内容になっていた。




以下、ネタバレ感想
続きを読む
【2015/08/03 21:53】 | 映画感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。